幼稚園の公立と私立の違いについて

この記事は4分で読めます

096430

うちの1歳になる娘の保育園選びをしているのですが、幼稚園や保育園選びをしている中で、意外と知らないこと、わからないことが出てきます(>_<)

そんな疑問の中から、今回は幼稚園の公立と私立の違いについて疑問が上がったので、まとめていこうかと思います。

 

私自身は田舎の私立の幼稚園出身で、通う公立の小学生の大半がその幼稚園を出ているといったこともあり、そもそも公立の幼稚園があることすら知りませんでした^^;

私の住んでる街の近くでは公立幼稚園じたい存在しないようで、そういった環境がもともとなかったという同じような人にとってはそうなんだ~!!ってびっくりする事実なんじゃないのかな?

 

保育園が公立で幼稚園が私立くらいに思っていたのですが、保育園、幼稚園共に私立と公立存在しているんです。なんなら国立の幼稚園ってのもありますが、公立の幼稚園よりさらに少ない(もしかして各都道府県に1つだけ?)あまりに少なそうなので国立幼稚園のことは今回は省略させてもらいますね^^;うちの近くにはないもので(>_<)

Sponsored Links

 

公立幼稚園の特徴

da53eb9c1f70c3ae6a871c86ef268e0f_s

まず、公立ということもあって、管理しているのは法人ではなく各自治体(都道府県及び各市町村)です。なので幼稚園の先生は市町村の職員、つまり免許を持った公務員の方が先生をされています。

 

そういった事情からか、長年勤められている先生も多く、逆に若い先生が少ないことも特徴の一つのようです。公務員なので先生への待遇も良く長く続けられる方が多いでしょうし、公務員試験があり入るのもなかなかな狭き門と考えれば納得ですな!

 

また、公立という面から、保育料が安いことも特徴として挙げられます。
調べていく中で、保育料は1万円ほどという声をよく目にしました。

 

公立で公認保育園の保育料でも月に3万円ほどが多いと聞くので(世帯収入によって変わります)実は保育園よりも保育料が安いようですね!

 

ですが、保育料が安い反面保育時間も短いようで、お弁当(給食)の日は週に3,4日程度で、延長保育や保育時間終了後の習い事などは無いそうです^^;

 

そして、幼稚園の設備や行事関係などいたってシンプルで、これといった特徴が無いことが特徴のようです^^;

初めての遠足は近くの公園だったり、お遊戯会も割と地味だったりなど、華やかしい感じはあまり期待できないようですね。

教育内容も遊び中心で「バリバリお勉強!」なんてことはないようです。

 

また、ほとんどの公立幼稚園では2年保育となっているようで、5歳になる年からでないと入園できないようです。(一部3年保育を行っている所もあります)

公立幼稚園の特徴のまとめと追記

  • 保育期間 ・・・ 2年(一部で3年もある)
  • 保育内容 ・・・ のびのび教育
  • 保育料 ・・・1万円程度
  • 保育時間 ・・・短い
  • 延長保育 ・・・無し
  • 園内での習い事 ・・・無し
  • 設備 ・・・最低限
  • 行事 ・・・地味目
  • バスの送迎 ・・・無し
  • 給食費 ・・・ 2,500程度

といった内容になります。

小学校に上がる前の準備期間として、出来るだけ保育料を安く抑えたい、長い時間預ける必要が無い、特別華やかさやお勉強などの教育面を幼稚園側に期待していない といった場合であれば公立幼稚園がいいかもしれませんね^^

 

私立幼稚園の特徴

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_s

私立の幼稚園では、各幼稚園で掲げる教育方針が様々なため、それぞれの幼稚園ごとに特徴が異なってきます。

公立同様に、のびのび育てることが特徴のところもあれば、そこまでやるかというくらい、ガッツリお勉強に専念するような幼稚園まで本当にさまざまです。

 

私の住んでいる所から近い幼稚園では、「はだか幼稚園」なんて呼ばれるような、年中はだかで遊ばせる幼稚園があったりと、色々調べてみるとユニークな幼稚園があるかもしれません^^

 

私立ということもあり保育費用は公立と比べて高くなってしまいますが、幼稚園の形態も様々なため、ピンからキリまでといった感じのようです。

一般的?には保育料だけだと3万円程度が多いようですね。

 

ですが、保育以外に習い事などをさせたい場合は、通っている幼稚園で希望の教室があれば、別で通わせるよりも安い料金で通わせられるといったこともあるようです。

 

その他にも、送迎のバスは利用するのか、給食はたのむのか、延長保育をお願いするのかなど、その家庭によって保育費以外でかかる費用は異なってくるかと思います。

 

そういった様々な幼稚園があることから、保育を行う先生も、公立のように長年勤められている先生が多くいる園もあれば、若い先生ばかりのところもあるようですが、公立と比べると若い先生の比率は高いかと思われます。

 

どこかでちらっと書いたことがあるのですが、私の嫁さんは元幼稚園の先生(私が卒園した地元ではかなり大きな幼稚園)と嘱託職員として公立の保育園で先生をしていました。

まだ結婚する前のころは幼稚園の先生だったのですが、そのころはよく壁面作成の手伝いや、発表会で使う衣装の準備の手伝いなどあれやこれやと一緒になってやっていたことがあります^^;

そのころは毎日帰りも遅かったようでしたし、休みは何かの制作やらに追われていつも忙しそうで、「体力がなきゃできない」とか「長くは続けられない」なんてぼやいてましたね^^;

 

そんな様子なので、その幼稚園では先生の出はいりが多く、若い先生がほとんどだったようです^^;

 

経験の浅い先生が多いが故の失敗談やらを聞いたこともあるし、年数が長いだけで正直ちょっとひどすぎる・・・なんていう先生の話も聞くので、一長一短のようですがね。。

私立幼稚園のまとめと追記

  • 保育期間 ・・・ 1歳から(園によって異なります)
  • 保育内容 ・・・ さまざま
  • 保育料 ・・・ 25,000円から30,000円が多い(園によっては4万円を超えるところもあります)
  • 保育時間 ・・・ 短い (基本の保育は14時くらいまでのようです)
  • 延長保育 ・・・ 有り(園によって異なります)
  • 園内での習い事 ・・・ あり(園によって異なります)
  • 設備 ・・・ 園によって異なります
  • 行事 ・・・ 派手(園によって異なります)
  • バスの送迎 ・・・ 有り(3千円程度が多いようです)
  • 給食 ・・・3千円から5千円が多い(お弁当持参の日の日数などによって変わる場合、固定費となっている場合など園によって異なります)

 

何度「園によって異なります」と書いたことか(笑)

園の大きさや土地柄、方針など本当に私立の場合園によって異なるものが多いので、希望する園が複数あるようでしたら、実際にその園へ問い合わせをしてみることをおすすめします。

Sponsored Links

 

幼稚園の公立と私立の違い

公立幼稚園と私立幼稚園の特徴を書いてきましたが、それぞれの違いはお分かりいただけたでしょうか??

やはり地域やその園によって変わってくることが多いので各部断言できないことが多いのですが、あくまで目あす程度に見てもらえたらなと思います。

 

幼稚園の公立と私立の特徴からの比較

公立

私立

保育期間

最低1歳から

5歳から(2年間)

保育内容

様々 のびのび

保育料

25000円から 10000円

保育時間

短い

短い

延長保育 有り

無し

園内での習い事

有り

無し

設備

様々

最低限

行事

派手

地味

バスの送迎

有り(2500円から)

無し

給食費 3000円から

2500円程度

※すべての園に当てはまるものではありません。

 

私立の場合は特にですが園によって異なることが非常に多いので、実際に通わせている保護者の人に聞いてみたり、直接園に問い合わせたりとしていかなくてはいけませんが、公立と私立の大まかな違いとして参考にしてもらえたらなと思います^^

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 095976
  2. 090528
  3. 084316
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 090528
  2. bf7b66b9dd8983eccf593ff2ac0917bf_s
  3. 639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
  4. 096430
  5. 87de231355885378eafd313bdb1e87bb_s
  6. 079370
  7. 112849
  8. 0907aac90a112c0a662f7f6b71795063_s
  9. 0d329d320c97a021dc15591b1092e57a_s
  10. 家族_家族01

月別検索

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。